地形派ダイバーはオーバーヘッドロックを選ぶ

沖縄の恩納村の観光名所でもある万座毛の北に位置しているオーバーヘッドロックは、地形派のダイバーに人気のダイビングのスポットになります。

深さ20メートル付近にある押しつぶされるかもしれないと危機感を得るような石の下に入っていくと、真っ青の横に続くラインの光が見えてきます。
これは映画館のようで横に細く光のラインの幕が開くかのように見え、非常に幻想的なスポットになります。

上下が狭い為、背中のファーストステージをぶつけてしまわないように注意しながら進む事がポイントで、奥まで行きたくても、行けないもどかしさがまた人気を呼ぶという事にもなるのです。

ゴロゴロした石の下には、ホワイトチップが隠れている場合もあり、胸がキュンとなる女性ダイバーも多いのではないでしょうか?

潮通しの良いドロップオフでは、巨大なイソバナが咲いていて、ウミガメに遭遇出来る確率も高く、オーバーヘッドロックは人気のスポットでもあるのです。

エントリー・エキジットはボートからになります。

浅い所でも、縦穴がたくさん開いているので、カノコイセエビやウコンハネガイなども見られて、やや暗めになるので、水中ライト、ケミカルライトがあればよりたくさんの生き物に出会える事でしょう。

こちらの記事も読まれてみます

次の記事: を読む ≫