人が少ない場所が好きな人には大泊ビーチ

可愛いウミガメ
大泊ビーチは、沖縄本島からすぐの所にある小さな島で、伊計島にあるビーチになります。
まだリゾートという様な雰囲気ではないビーチなので、人が少ないという所がポイントで、ゆっくりとダイビングやシュノーケリングが楽しめるのです。
休憩中のウミガメ
人が少ない為に、海中では豊かな自然が保たれている所がポイントであり、魚はスズメダイや多くの熱帯魚が存在しているので、フィッシュウォッチング楽しませてくれるのと同時にカメラ撮影を楽しめる場所でもあります。

初心者の人でもインストラクターの指示に従い、エアーチェックの見方なども丁寧に教えてもらう事が出来るので、安心ですし、MSDの人でも、気持ちよくダイビング出来る場所なのです。
沖縄のダイビング予約は沖楽で決まり!

大泊ビーチで泳ぐ【動画】

大泊ビーチは、砂浜がとても長いという事でも有名で、600メートルという長さがあって、海の透明度は非常に高く、砂浜と海と空の綺麗なグラデーションを楽しむ事が出来るので、ただ景色を眺めているだけでも満足出来るという人もいるくらいです。
沖縄本島からも近く、沖縄北ICから車で約80分とアクセスも便利ですので、まだ行った事のない人にはおすすめ出来る、場所になります。
入場料は大人500円、小学生までは300円です。

人ごみは嫌だという方への穴場、中野ビーチ

岩場に隠れるウミガメ
西表島の穴場といわれているダイビングのスポットを紹介します。

西表島では、「星の砂」を見たい!という事で、星砂の浜が圧倒的に有名で、観光客はほとんどがそっちのビーチへ行く為に、中野ビーチにはほとんど人が来ないで、自然の姿が保たれ、人もいないので、プライベートビーチの感覚が味わう事が出来、中野ビーチを自分のビーチかのような気分が味わえるというポイントがあります。

インリーフでもとても豊富な珊瑚礁そして熱帯魚の姿が見られ、他の人気があるビーチのインリーフでは、ありえないと言ってもいいくらい綺麗な姿を保っているのです。これは、比べたダイバーが言っている事なので、ほぼ間違いないでしょう。

このような事から穴場と呼ばれるスポットなので、人が多い所が苦手であったり、プライベート感を味わいたいという事を重視するダイバーには本当におすすめです。

ビーチの入口が分かりにくという事がデメリットですが、これは地元の人に聞けばすぐに解決ですので聞きましょう。そして近くには宿もあるので、ゆっくり泊まりながら潜水を楽しむという慣れた人たちも居る様です。

沖縄にはたくさんのダイビングスポットがありますが、なかなか穴場には出会えないものですよね?
ちょっと違った雰囲気を探している方は是非、西表島の中野ビーチに行かれてはいかがでしょうか?